日本人と睡眠

 ある調査によると、日本人は約4割が何等かの睡眠障害を経験していると言います。また別の調査では、先進国の中でも日本は睡眠時間そのものが少ない国であるそうです(欧米に比べて1日の平均睡眠時間が30分〜60分短い)。

 元々睡眠時間が短く、さらに4割が睡眠障害の経験を持つ日本人。その影響はかなり大きい物です。例えば、睡眠不足は免疫力の低下をもたらし、感染症へのリスクを高め、また十分な睡眠が取れないと高血圧や高血糖、肥満を引き起こすと言われているのです(詳しくは「眠らないとどうなる?」をご覧下さい)。そこまで行かなくても、寝不足の状態が続いては、良い仕事は出来ませんし、勉強にも差し支えるという物です。

 やはり日本人は働き過ぎなのかも知れません。そして、その事によるストレス(ストレスは不眠最大の原因と言われます)で不眠になるという悪循環は容易に想像出来ます。これらを防いで十分な睡眠をとるためには、毎日規則正しい生活をし、ストレスを溜め込まないように仕事はほどほど、適度な運動を心がけて・・・・。と、いきたい所ですが、現代社会においては大変困難であると言わざるを得ません。

 そこで、安眠グッズや快眠グッズの出番です。当サイトでは様々な不眠の症状に合わせた、枕やサプリメント、アロマオイルなどの安眠グッズ(快眠グッズ)や安眠(快眠)のための情報を紹介しています。

最も多いのはストレスによる不眠

 不眠の原因は様々ありますが、最も多いのがストレス。仕事や勉強、対人関係など日々のストレス、心理的なショックや不安によって不眠は引き起こされます。
 一度発生すると「今夜も眠れなかったらどうしよう」と言った予期不安がストレスとなり、更に悪化する悪循環に陥りやすいのです。このようなケースでは、なんと言ってもストレスの解消が、理想的にはストレス源を絶つ事ですが、現代社会では難しい事も多いでしょう。

 そんな時には、サプリメントやセラピー等の力を借りて不眠を改善しましょう。

 不眠の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
 不眠症・睡眠障害の方のためのサプリ「マインドガードDX」

安眠のための寝具

 枕が合わなくて眠れない、と言う体験をした事がありませんか?。枕というのはそれほど睡眠の質に影響するものなのです。中には旅行や出張に愛用の枕を持参する人もいるそうです。
 もし、「いくら寝ても肩や首のコリで辛く、眠気も抜けない」と感じているなら、枕を変えてみると良いでしょう。

 超熟睡できる安眠枕
 後頭部・首筋の高さを自由に調整出来る「私の枕」

一番多いのは「寝付きが悪い」

 不眠と一口に言っても様々な症状がありますが、日本人で不眠を訴える人の約6割が入眠障害と呼ばれる「寝付きの悪さ」に悩んでいるそうです。
 近年増えているのが就寝直前までパソコンやスマフォなどを操作しているパターン。これら電子機器の画面から出る光は覚醒効果が高く、入眠を阻害していると言われます。と、いって仕事やプライベートで中々”使わない”というのも難しい物です。そんな時には、入眠サポート器具や、サプリメント、アロマオイルなどで改善を図りましょう。

 睡眠障害サポート器具 ライトスリーパー
 睡眠専用アロマオイル
 不眠症・睡眠障害の方のためのサプリ

様々な病気による不眠

 睡眠時無呼吸症候群はその代表。睡眠中に様々な理由で気道が塞がり呼吸が停止、覚醒したり眠りが浅くなったりします。気道が狭くなるといびきをかきやすくなるので、普段いびきをかいている人も注意が必要です。

 イビキや睡眠時無呼吸症候群に心当たりがある方は、こちらを参考にして下さい

 その他循環器疾患が原因の場合があります。高血圧、アレルギー、心臓疾患、泌尿器疾患、胃腸障害、肝疾患など、内臓に慢性的な生活習慣病を抱えている場合、その異常を伝える信号が絶えず脳に送られ続け、脳が緊張し睡眠の質が低下するのです。

 こう言った病気が原因の場合、その病気を治す事が不眠の解消に繋がります。

 血圧や血糖値で思い当たる方は、こちらを参考にして下さい


 うつ病を初めとする精神疾患も不眠の原因となります。この場合も原因となっている精神疾患を治療しなければ不眠も解消されません。

 うつ病やパニック障害、強迫性障害に心当たりの方は、こちらを参考にして下さい

口コミランキング第一位、超熟睡出来る安眠枕 「六角脳枕」
後頭部・首筋の高さを自由に調整出来る「私の枕」
不眠症・睡眠障害の方のためのサプリ「マインドガードDX」
不眠の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
睡眠障害サポート器具 ライトスリーパー
睡眠専用アロマオイル
不眠について
不眠の種類
眠らないとどうなる?
不眠の原因
メール
リンク集
リンク1
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード

FXで斬る